静かな薔薇

CDの感想とかいろいろ

UNDERWORLD/VAMPS

どうも!めりるです。

第25回目のレビューは

2017年4月26日発売の

VAMPSさんの

UNDERWORLD』です。

 

f:id:Silent_Rose:20171215105715j:image

 

昨年末、活動休止を発表されたので

自分の中でもいろいろ整理する為に

レビューしようかなと思い

書く事にしました。

圧倒的にライブに行った回数が

他のアーティストさんよりも多くて

思い出が沢山あり過ぎて

今でもあまり実感が無くて

纏まってないですが

このアルバム、本当に素敵だったので

出来るだけ沢山書いていきます!

 

種類は

 

〇数量限定特別BOX仕様初回限定盤(CD+DVD+Blu-ray+グッズ)

グッズはこちらのジャケ写を描いて下さった

ロッキー・ジェリー・ビーンさんとのコラボのスカジャンみたいです。

 

〇初回限定盤A(CD+Blu-ray)

2016年9月17日のZepp Tokyo公演の映像収録

 

〇初回限定盤B(CD+DVD)

MV・メイキング映像・ドキュメンタリー収録

 

 〇通常盤(CD)

 

の4種類です。

 

相変わらずリリース毎に

ピザ大の箱が増える……

 

 1.UNDERWORLD

アルバムのタイトル曲。

出だしからガツガツ来ますね…

VAMPSさんの良い所はゴリゴリの音楽ですが

聴きやすい所だと思います。

この曲はそんな良い所が出てると思います。

とりあえずライブでアガる。


2.CALLING

シングル曲。

サビの『CALLING』が印象的です。

CDだと結構コンパクトになっていて

それもそれで良いですが

生歌の方が良いなあと思います。

ラストサビの前の地声に近いくらい

低く歌う所が好きです。


3.BREAK FREE

(feat.KAMIKAZE BOY

of MAN WITH A MISSION)

マンウィズさんのアルバムは

少し聴いたことがあって

コラボ、嬉しいです。

どの曲でも思うんですけど

だいたい歌詞に題名入ってますよね。

この曲なんだっけとふと忘れても

その場で思い出せます…

結構ハードでテンポが重めの曲です。

最初の頃のアルバムには

メロディが強い曲が多かったですが

少し前からこういった曲が増えましたね。


4.DON’T HOLD BACK

重めの曲からの疾走感のある曲。

元々のファンでなくても

こういう曲って馴染みやすいと思います。

凄くロックだなって思うんですけど

所々キラキラした音が入ってるのが好きです。

こういった音を聴くと

VAMPSさんだなあって思います。


5.BLEED FOR ME

テンポ重めの曲。

世界観重視の曲ですかね。

歌詞が宗教っぽくて凄くゴシックです。

吸血鬼のコンセプトから

離れないのは凄いなと毎回思っています。

海外進出を頑張ろうと思うと

やっぱり世界観よりも曲をもっと…って

なると思うんですけど

曲を凄く頑張りつつも

自分達らしさもちゃんと続けて

というのを感じます。 


6.IN THIS HELL

題名を見ると

どんなおどろおどろしい曲かと思いましたが

思っていたより爽やかな曲。

前回のアルバムの曲っぽい…?

自分のイメージでいうと海外の女性歌手の方が

歌ってそうなロックです。


7.INSIDE OF ME

(feat.Chris Motionless of

Motionless In White)

 
8.RISE OR DIE

(feat.Richard Z.Kruspe of Emigrate / Rammstein)


9.SIN IN JUSTICE (feat.APOCALYPTICA)

Apocalyptica(アポカリプティカ)さんという

フィンランド出身のチェリストが主体となった

ヘヴィメタルバンドさんとの曲です。

かなりこのアルバムの中でも

今までの曲の中でも雰囲気が違います。

歌詞は凄く深い意味があるみたいです。

チェロの音って凄く良いですね。


10.B.Y.O.B. (BRING YOUR OWN BLOOD) TROUBLE(Shampooカバー)に続く

ライブで踊れる盛り上がり曲だと感じました。

迷いますがこのアルバムの中で

1番目か2番目に好きです。

少し昔を感じさせる局長が本当に好きです。


11.RISE UP

日本人こういう曲好きでしょと言われたら

好きに決まってると答えてしまう曲。

(HYDEさんが

日本人受けするよねと仰っていた)

歌詞もですが凄く元気と勇気を貰える曲。

最後にぴったりですね。

 

 

発売前にこのアルバムが元からのファンに

受け入れられるかとても心配なさっていたので

一体全体どんなアルバムを出す気なんだ……

と思っていたのですが

思っていた以上に素敵なアルバムでした。

そんなに心配しなくて良いんです…よ……

 

気長に次の活動を待とうと思います。

解散じゃなく、活動休止ですもんね。

当分新曲も

沢山あったライブも無いのが寂しいですが

活休の間お2人が元気に過ごせますように。

 

ここまで読んで下さって

ありがとうございました。