静かな薔薇

CDの感想とかいろいろ

SinAI~右手のカッターと左手のドラッグと薬指の深い愛と~/ヴィドール

どうも!めりるです。
第6回目のレビューは
2006年5月24日発売の
『SinAI~右手のカッターと
左手のドラッグと薬指の深い愛と~』です。

(とりあえず凄くタイトルが長い)

f:id:Silent_Rose:20160507201947j:image

種類は

〇typeA
〇typeB
〇typeC

の3形態あります。

上の写真は私が持っているtypeCです。

収録曲には違いはなく、2曲収録。
AにはエリーザのMV
BにはDeathmateのMV
Cには黒猫のMV
が収録されています。

5年前の今日。
ヴィドールさんが解散した日だそうで。
急遽レビューを書く事にしました。

ヴィドールさんとの出会いは
たまたま流れてた曲がかっこよくて
調べたら『ワイセツ人形』という曲でした。
曲名も歌詞も個性的だなというのが
最初の印象。
後々他の曲を聴いていくと
一番個性的だったのは
曲調でしたね。
それでそのままハマってしまいました、、、、

1.SinAI~右手のカッターと左手のドラッグと
薬指の深い愛と~

タイトルの重い感じは全くない爽やかな曲。
キャッチーなので
このバンドさんの初心者さんには
オススメできる曲だと思います。
(最初曲調の謎さに戸惑うかも知れないが)
樹威さんの歌詞はストレートのようで
解釈するのが難しいですね、、、、
間奏のベースソロからの
ギターソロがかっこいい。
ヴィドールっぽい。
最後のファルセットが綺麗。
最後の最後まで爽やかに聴ける曲ですね。

2.ゴシカロイド

激しい曲。
こちらの曲はPVがあったり
後に
歌詞変更を経て映画の主題歌になるので
カップリング曲ではないような気がします。
歌詞がストレートで解釈しやすいです。
激しい要素とメロディアスな要素が
混じっているので
V系らしい曲だなと思います。
私はこの曲でヴィドールさん素敵だな
と思ったので、
是非オススメの曲です!


ここまで読んで下さって
ありがとうございました!