静かな薔薇

CDの感想とかいろいろ

merveilles/MALICE MIZER

どうも!めりるです。
第5回目のレビューは
1998年3月18日発売の
MALICE MIZERさんの『merveilles』です。

MALICE MIZERさんとの出会いは
やっぱりMana様。
Kayaさんの師匠さんなので
これまた出会うのが早かったバンドさんです。

中世ヨーロッパの世界観と
上品ながらもキャッチーな曲で
すぐ鷲掴みにされました……

f:id:Silent_Rose:20160404101655j:image

種類は
初回限定盤と通常盤の2種類。

初回限定盤はBOOK型ケース仕様。
私が購入したのは通常盤ですが
最近は某有名中古ショップでも
こちらの初回限定盤を稀に見かけますね。



1.~de merveilles~
インスト曲。
時計の針の音などが
世界観に引き摺り込まれる感じがします。

2.Syunikiss~二度目の哀悼~
アルバム曲。
曲の始まりが変わってきて
一言で言うとすごい曲調。
『僕の願いを叶えて』
というサビが耳につきます。

3.ヴェル・エール~空白の瞬間の中で~
メジャーデビューシングル曲。
ちゃんとアルバム用に
アレンジされているそうです。
ミュージカルみたいなメロディーなのに
キャッチーで聴きやすい曲です。

アルバムからリカットされたシングル曲。
未だに私はPVが苦手で観れません。
けれど大好きな曲。
ロックとエレクトロニカとゴシックを
ミキサーで混ぜたような感じ。
間奏で台詞が入るのがかっこいいです。

5.Brise
アルバム曲。
フランス語で『そよ風』
いろいろ歌詞解釈は出ていますが
とにかく明るい曲。
ライブではMana様が
三輪車に乗ったりしていて
マリスの印象がガラッと変わりました。

6.エーゲ~過ぎ去りし風と共に~
スローなアルバム曲。
お耽美な歌詞ですが
曲のメロディーとアレンジが
V系っぽくない……
ゆったりとした日に聞きたい曲ですね。

7.au revoir
シングル曲。
フランス語で『さようなら』
私の中でのマリス最高の曲。
秋頃に入ったら
聴きたくなってしまいます……
弦楽器の音がお耽美さをちゃんと出してます。
興味無い人にも絶対聴いて欲しいです。

8.Ju te veux
アルバム曲。
電子音オンリーの曲です。
ライブではメンバー全員踊ります。
宝塚のショーでも使用されていて、
そちらのアレンジも素敵でしたので是非!

9.S-CONSCIOUS
アルバム曲。
こちらも電子音オンリーの曲。
3期でいうBeast of Blood的な曲なのか……
イマイチ上よりかゴシック要素が足りないので
個人的には好きになれない。ごめんなさい。

10.Le ciel
シングル曲。
騒動の元とか言われていて
あまり聴かないようにしてしまっている。
普通に素敵な曲だと思う。
この曲の時のメンバー全員の衣装が凄い。

シングル曲。
一番有名な曲ですね。
曲調、アレンジ、PVからして
まさにお耽美の極みです。
それでもメロディーがキャッチーなので
ついつい口ずさんでしまう。中毒性有り。

12.Bois de merveilles
アルバム曲。
こちらもお耽美の極み。
しかも三拍子。どう聴いてもワルツ(?)。
スローペースなので
今まで聴いてたのは夢だったの?
って感じです?


merveillesはフランス語で『素晴らしいもの』
その名の通り素敵なアルバムです。
マリス興味出てきた!聴こうかな!
という方は是非こちらのアルバムから。

ここまで読んでくださって
ありがとうございました。